キャットフードの原料

猫を飼育している人の中には、キャットフード選びで迷う人もいます。動物を飼育していない人からすると、不思議に思うかもしれませんが、メーカーによって内容は異なるのです。

ペットコーナーのフード売り場に行くと、とても多くの種類が存在しています。

一番気になるのは値段ですが、低価格の物もあれば、とても高いものまであります。

ブランドによる値段の違いもありますが、大きな違いは原料にあるのです。

パッケージの原料の欄を見ると、高価な物は先頭に「肉類」「ターキー」など肉そのものを連想できる名前が記載されています。それに対して、安いフードは、「穀類」が先頭にきていることが多いです。

このように、キャットフードは様々な物が含まれて作られているのです。

キャットフードの原料の代表的なものは「肉」

猫は、肉食の動物なので、肉が必ず含まれています。ですが、原料にされる肉にも種類があります。

「肉副産物」「ミートミール」という種類があり、これらは皮膚や毛、内臓など、通常人間が食べない部分を含んだものです。

肉食動物は狩りをして獲物を食べるので、内臓なども丸ごと食べてしまうのですが、ミートミールは病気や薬品を使用した動物の肉も含まれていることもあるのです。

キャットフードに穀物類は不要?

肉食の猫にとっては、穀類はなくても良いものです。ですが、穀類を使用する一番の理由は安く作るためです。

中には、植物性タンパク質として穀類を使用するケースがあり加工技術により肉よりも消化が良く、お腹のサポートとして利用されています。

穀類は、消化しづらく、猫の体質によってはアレルギーを発症する原因とも考えられています。良く使用されるのはトウモロコシです。

添加物も含まれています。保存料や着色料です。これらの添加物は、人間同様の発がん性があるといわれているため、最近では添加物を含まないキャットフードも登場しています。

最近は人でも食べれるプレミアムキャットフードも人気

最近は、プレミアムフードと呼ばれるキャットフードが人気となっています。使用される肉などは、人間でも食べられる基準の物を使用したり、無添加、無着色で作られていることもあります。

参考記事:おすすめの安全なキャットフード

また、肉食動物には必要のない穀類を一切含まないフードも登場しています。

冷凍せずに生の肉を加工することや、決められた産地の肉を使用するなど、原料についてきちんと出所が分かるようになっているのです。

こういったものは日本のメーカーよりも海外のメーカーのフードで多いのが特徴です。海外では、安全性のために使用した原料する義務がある国が多いからです。

安いフードだから良くないというわけではなく、きちんと栄養について研究されています。ねこの体質や症状にも合わせてキャットフードを選ぶ必要があるのです。